お金を借りたい 失敗

お金を借りたい時は目先の金利だけで決めていない方がいい

給料日まであと数日なのに急にまとまったお金が必要となったらあなたはどうするでしょうか。
家族や友人に借りることが出来れば問題ありませんが、必ずしもそれが可能だとは限りません。
ですがお金は必要。そういうお金を借りたい時はカードローンを利用するのもひとつの手です。
まずキャッシングには大きく分けてふたつの種類があります。

 

ひとつは銀行のカードローンになります。
近年コマーシャルなどで大手銀行のキャッシングについて、目にすることが多くなりました。
銀行で借入をするメリットは金利が安いことが一番でしょう。
例えば金利が15%だとします。
そして給料日の1週間前に5万円借入したとします。給料日に返済すれば、金利は150円以外となります。

 

金利は高いと思われる方が多いと思いますが、必要な額を短期間借りるのであれば、思ったよりも
お金が掛からずに借りることが出来るのです。
近年は金利の安さを謳った所が多いので、利用する際はその点も参考にすると良いでしょう。
しかし銀行でのキャッシングは申込から融資までの時間が掛かる傾向があります。
急いでお金を借りたいのに何日も待たされては不便だと思います。
また審査が厳しいと感じる方も多いようです。ふたつ目は消費者金融のカードローンです。
こちらもコマーシャルなどで目にすることが多いですよね。
こちらのメリットは審査のスピードの速さと、審査基準の低さにあります。
申し込んだその日に審査結果が出ることも珍しくなく、今まで借入した経験がないけれど、
急にお金が必要になったという方にも利用しやすくなっています。

 

消費者金融でお金を借りたい場合は総量規制に要注意!

急いで融資を受けたいときなどは消費者金融はとても役立ってくれる存在です。
始めて利用される方の場合はその利用法についてよくわからないという方もいらっしゃると思いますが、まずはどのように
利用すれば良いのか、利用の流れについてよく知っておきましょう。

 

まず、消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1以上の額はお金を借りたいと思ってもができないということを
理解しておきましょう。
そして、まったく収入のない方は利用することができません。
さらに利用できる年齢については、業者ごとに違いがありますので、条件に合うかどうか確認しておきたいところです。
そして条件に合うといよいよ申込となりますが、この場合も金利や限度額は業者によって違いますので、まずはよく比較し、
条件に合う業者を選んでおきましょう。

 

業者を選んだら申込手続きに入りますが、必要書類は自分の身分が証明できるもの、運転免許証や健康保険証など、
さらにまとまった借入をする場合は収入証明書なども必要となります。
申込は来店でも行うことができますし、インターネットや電話、無人契約機からも申込が行えます。
来店の場合はその場で融資を受けられることが多いですし、インターネットや電話の場合はカードは後日発行となることが多いですが、
指定の口座に振り込んでもらうことができますので、即日からも利用は可能です。
カードがすぐ欲しい場合は無人契約機を利用すればその場でカードの受取ることもできます。
審査に通り、カードが発行されると利用開始となりますが、返済方法や期日についてもよく確認しておきましょう。